もみがらの入手

10月になって、やや涼しくなってきたので、もみがら集めを開始しました。非常に重要なもので、当農園では、もみがらを下記のような様々な用途で使っています。
・土つくり
・育苗土(くんたんとして使用したり、もみがらそのままとして使用)
・マルチの代替え
稲の収穫期間の9月~10月の間に、毎年、お世話になったいる農家さんから使用する1年分のもみがらを頂きます。量として、軽トラ20車位。先日3日に分けて、軽トラ13車分を集荷しました。作業中、もみがらの粉が舞うため、マスク、安全メガネをして行いますが、でも体は粉だらけ。
あと7車分、台風14号が通過してから行います。
faceboook
最近のコメント
    コメント